行政書士は通信講座で最短合格

通信講座で学べる行政書士の資格を紹介します

通信講座を使って最短合格を目指す

誰でも受験できので気軽に始めやすい資格

行政書士とは公的な書類などを作成してくれる身近な存在であり、行政との橋渡し役となってくれる市民の強い味方です。弁護士といった難関試験に比べるとはるかに合格しやすく、難しい資格の前段階として取得する人もいます。行政書士の試験に合格するまでは人にもよりますが半年から1年程度であり、仕事をしながら、学業をしながらでも取得できる資格です。独学で資格を取れる人もいれば、通信講座で取るなど学校に足を運ばずとも取れます。また、行政書士の試験は受けるために必要な受験資格は特にありません。受けたい人は誰でも受けることができるのも大きな魅力です。たとえ国籍が違っていても受けられますし、高校を卒業していなくても受験できるのはもちろんのこと、小学生であっても受験することができます。

択一式の多い試験で受験費用もリーズナブル

試験科目には憲法や民法などの基礎的な法の他に、一般知識が含まれています。一般知識とは個人情報保護や経済、政治などです、法令は記述式の問題と択一式の問題がありますが、記述式があるのは法令のみで一般知識は択一式のみになっています。試験に合格するためには法令で122点以上、他は24点以上の取得が必要であり、法令が大きく位置を占めます。全体で言えば合わせて180点以上で合格です。受験にかかる手数料は7000円と1万円以下とリーズナブルな価格であることも行政書士の魅力のひとつです。

最短での合格を目指すなら的を絞った勉強を

短期間で合格したいのであれば、独学よりも通信講座や通学を利用したほうがいいです。記述式のマスター方法や最新の法改正情報、一般知識の情報を手に入れやすいからです。独学でやるのであれば、日ごろから法についての情報収集を試験の勉強とともに行う必要があります。さらに問題の傾向を把握したり、ある一定のルールが試験に存在するので、勉強をし始めるときからそれも掴んでおいたほうが合格への近道となります。参考書を読んでみても問題の傾向がわからない状態であったら、講師から直接学ぶか通信講座で指導してもらったほうがいいでしょう。最後は過去問を解いて勉強することになりますが、これも出題されることの多い問題に焦点を当てたほうが効率は上がります。通信講座や学校ではノウハウを詰め込んだ対策本が出されています。短い期間で合格するためにはそういった最初の参考書選びが大切になってきますが、時間がない人は最初からノウハウの詰まった通信講座の本を揃えると時間もお金も無駄になりません。

人気記事ランキング